このエントリーをはてなブックマークに追加

注目を集めている第三分野保険

生命保険が第一分野、損害保険が第二分野としてある保険業界における第三分野保険としてあるのが医療保険などです。
これは生命保険会社でも損害保険会社でも取り扱いができる保険なのです。
そしてその第三分野保険に含まれるものに「がん保険」があります。
日本では外資系の保険会社が最初に発売したとされています。
今注目を浴びている要因としては社会的背景が挙げられます。
がんというと不治の病と思いがちですが、医療技術の発達によって治療後の生存率が高まっています。
さらに先進医療として治療方法も多様化していることを受けて、各保険会社ががん保険販売に力を入れてきているのです。
がんでの入院が長期に及ぶことも多く、また入退院を繰り返すケースもあり、保険会社のがん保険では入院給付や手術給付、通院給付などや診断給付、退院給付などの一時金まで用意されています。
一般の生命保険と同じように定期タイプと終身タイプがあり、インターネットでも保険の比較サイトがいくつか存在しますので、家庭環境や生活環境を考えて自分に最適な保険を選ぶことができます。
さらに第三分野保険は保険料もお手頃に感じるでしょう。
医療技術の発達や社会環境の変化に伴って保険に対するニーズも変わってきています。
それに応えるような保険商品を各保険会社が発売していきます。
種類が多いということはそれだけ選択肢が増えているということであり、消費者にとっては喜ばしいことです。
あとは消費者がどうやって自分に合う商品を的確に選んでいくかにかかってきます。
特に第三分野保険はさまざまな補償を組み合わせて自由に設定することが可能な商品が多くなっています。
ただし一度契約したからといって一生安泰というわけではありません。
自分の生活環境や家庭環境の変化に沿って、その都度見直していきたいものです。
医療技術の進歩なども普段は気にしていなくても、保険を見直す際には必ず目に触れます。
時折は自分の健康状態や最新医療技術を顧みてみるのもいいのではないでしょうか。
Copyright (C)2016がんの最新治療法について〜がん保険備えてますか?〜.All rights reserved.